果物を食べるようにしています

生理が近いとニキビが出来る女性は、少なくないと言いますよね。

ニキビの理由として、ホルモンバランスの崩れ、肌が敏感になってしまうからです。

それと、生理が近付くと、女性はどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビになることが多いと言われています。

そこで私は、生理前のニキビを防ぐために、毎朝、果物を食べるようにしています。

季節の旬の果物を、できるだけ生理前の状況になると、多めに食べています。

そんな果物を食べるようになってから、生理前でもニキビがでなくなり、お肌を褒めてくれる人も多くなりました。

また、便秘が治ったことも、果物の繊維質が理由の一つだと考えています。

もっとも、ニキビが出来ないようにするためには、今では多くの方法があります。

例えば、一番簡単なニキビケアは、洗顔ですね。

その際、水だけで顔を洗うのではなく、洗顔フォームを使って丁寧に洗うと、ニキビケアと予防効果は高くなるそうです

さらに、洗顔が終わったら、化粧水を使うことで、ニキビの予防効果は更に高くなるとも言われています。

つまり、肌のつやを保ちつつ、洗顔することが、ニキビケアの絶対条件ですね。

とりわけ大人ニキビの場合は、主な原因が肌の乾燥だとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。

なお、ニキビが出きると、気になってついつい潰してしまう方が多いようです。

でも、跡が残るから潰すな、というのを私も母によく言われました。

最近では、ニキビを潰さなくても、ニキビ専用のピュアレーヌというニキビケアジェルが最も効果的だと私は思います。

ピュアレーヌの口コミによると、ニキビ跡にも効果があるそうです。

ピュアレーヌの使い方は、顔をキレイに洗って、ニキビのところを中心にピュアレーヌを塗って伸ばすだけです。

私の場合は顔以外にも、思わぬ場所にもニキビが出来やすいのは背中なんです。

背中は自分で確認が困難な場所ですが、ニキビがあったら、夫にピュアレーヌを塗ってもらっています。