べストな方法だと思います

ダイエットで健康的に体重を落としたい場合には、酸素をエネルギーに変えながらおこなう運動をやるのが私はべストな方法だと思います。

これは、スイミングや歩いたり走ったりといった有酸素運動などです。

そして、栄養面で注意するのは、プロテインといった質の良いタンパク質を摂取することも大切です。

なぜなら、脂肪を燃焼指せるためには、タンパク質を要するからです。

また、ダイエットを始める前は、基礎代謝の数値をしることも必要です。

なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分に必要な摂取カロリーの量をしることはできないためです。

私も若い頃のような無茶なダイエットをすると体が言う事を聞かなくなった分、いつも静かに代謝量の数値を気にかけています。

なお、一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳過ぎから徐々に落ちていってしまうものです。

これが示すことは、成長期のオワリと供に基礎代謝量が安定するようになったことと、運動量の減少で、筋肉量も同じように徐々に低下していくためです。

そのため、中年に差し掛かる年齢になると、急に太りやすい体質になってしまうのは、こういう理由があるからなんです。

ダイエットのために基礎代謝をアップするには、一般的に有酸素運動が効果的です。

そこで、簡単に取り組めて効果もあるのが、ウォーキングだそうです。

もっとも、ただのんびりと散歩のように歩くだけでは、基礎代謝を上げることは難しいです。

ウォーキングの正しいやり方は、下腹部に力をこめ、顎を引いて前を見ながら、筋肉を使って歩くことを意識することで、ダイエット効果を上げることができます。

なお、ダイエットで自分に厳しい食事制限をする人もいますが、断食などの減量はタブーです。

食事制限をやっても我慢できないほど空腹なら、少しでも食べるようにして下さい。

とにかく、低カロリーのものを食べれば、体重がいきなり増加することもありません。

痩せる食事のイメージとしては、脂肪分や糖分が比較的少ないものが、最初に思い浮かぶと思います。

ですが、私個人の体験からすると、塩分をできるだけ抑えた食事が、とても効果を感じやすかったですね。

特に、下半身のダブついたお肉が気になる人は、まず減塩からスタートしてみることをアドバイスさせていただきます。

また、短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには、水泳がベストな方法です。

走ることは苦手な方でも、スイミングならば浮力があるので、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わった後は疲れも心地よく感じます。

ダイエットする目的で泳いでいる人は大勢いますから、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。

それに、水泳は思っているよりも消費カロリーが大きいので、つづければ比較的に楽に痩せられると思います。

ちなみに、マルチポリフェノールなどのダイエットサプリを飲みながら運動すると、より痩せる効果が高いですよ。